最新の投稿
心配している女性

10代の肌は、特別なスキンケアをすることはなくても常にハリとツヤのある美しい肌を維持することが出来るといわれています。しかし30代から40代の肌になってくると、人によって肌質に大きな差が出てくるとされ、これは20代前半から行ってきたスキンケアや生活習慣が大きく影響されているのです。そのため年齢を重ねてもいつまでも美しい肌を維持したいと考えているなら、エイジレスで美しい肌をキープしてくれる適切なスキンケア方法を行うことが何より重要です。

20代前半は、比較的10代に近い新陳代謝がスムーズで皮脂分泌量が多い時期だといわれています。そのため美容成分を肌に与えるスキンケアを念入りに行うのではなく、過剰に分泌されてしまった皮脂汚れをしっかり落とせるお手入れを重点的に行うようにしましょう。

20代になってから一気に美容効果の高い化粧品を使用する方は多いですが、過剰に美容成分をあたえようとして色々と化粧品を使用してしまうと、皮脂とメイク汚れ、ほこりや花粉などの様々な汚れと混ざり合い、酸化して肌ダメージに繋がってしまい活性酸素を発生させる可能性があります。この活性酸素が毛穴に詰まると炎症を起こしてニキビや吹き出物などの肌トラブルに繋がる可能性があるので、まずは適切な洗顔方法やクレンジング方法を身につけるようにしましょう。普段メイクをされている女性などは、メイクは肌に負担を与えてしまっているので帰宅したらすぐにメイクオフをすることが鉄則です。そのまま寝てしまうのは、肌老化を促す活性酸素で邪魔をしてしまうのでどうしても眠い場合もメイクオフと保湿は念入りに行うようにします。

クレンジングを選ぶ際に多くの方は、洗浄力の高さを重視する方が増えてきていますが、オイルやリキッドなどを繰り返し使用すると肌に潤いを与える皮脂まで根こそぎ除去してしまう恐れがあります。そのためクレンジングをした後に肌がつっぱるような感覚があるなら、自分の肌質には合っていないサインです。メイクオフをしながら肌に潤いを与える美容成分配合のタイプに切り替えることや、洗顔後の保湿は化粧水とジェル状美容液など油分が少なく肌に潤いが保持される成分の化粧品を選ぶことをおすすめします。

肌は適切な油分をバランスよく維持させることが、肌質を整えるために非常に重要な状態といわれています。また外出時に浴びる紫外線も肌への負担となるので、日焼け止めをこまめに塗り直したり、食生活の改善で体の内側から皮膚の老化を防ぐ対策をすることも重要なスキンケアの一つです。